ピーリングをする前に知っておきたい!ダウンタイムとは?

ピーリング後のダウンタイム、気になりますよね。どんな症状がどのくらいの期間出るのか、ダウンタイムのないピーリング方法はあるのか?
ピーリングを始める前に知っておきたいダウンタイムについて紹介します。

ピーリング石鹸のダウンタイム

ダウンタイムとは?

ダウンタイムとは、施術後の肌に何らかの異変が起きてから、施術前の普段の生活に戻るまでの期間のことです。
ダウンタイムがあることを知らずにピーリング施術を受けてしまうと、施術後に予定しているスケジュールが台無し!なんてことになってしまうかもしれません。

ダウンタイムの特徴

・症状によってはダウンタイムの間はメイクNGになることもある
・症状や期間は個人差がある
・ダウンタイムが出るのは主にクリニックでの施術

上記のダウンタイムの特徴を踏まえて、計画的に美肌を手に入れましょう。
また、ダウンタイムが少ない方がいい!という方は自宅でのピーリング石鹸の使用をおすすめします。
ダウンタイムなしで大人ニキビ美白アンチエイジングでお悩みをケアできます。

ピーリング後のダウンタイムにはどんな症状がでるの?

ピーリング後のダウンタイム症状は主に2種類あります。

赤み:ピーリング後のダウンタイムの症状1

ピーリング後のダウンタイムで一番多い症状は赤みです。
クリニック施術の多くはダウンタイムに赤みが出てきます。
ピーリング効果が強ければ強いほど赤みもひどくなってしまいます。
たいていはメイクで隠れる程度の赤みといわれています。

かさぶた:ピーリング後のダウンタイムの症状2

強いピーリングを使うとかさぶたになることもあります。
破壊された組織が肌表層に押し上げられ、かさぶたとなってしまいます。
かさぶたになってしまうと、メイクでは隠しきれないので、隠したい場合はマスクなどで隠すしかないです。

クリニック施術ピーリング6選まとめ

それでは本論のピーリングの種類別にダウンタイムの症状と期間まとめを紹介します。
大きく分けてクリニックでの施術と自宅ケアでのピーリングの2種類です。

ピーリング種類別ダウンタイムの症状と期間

グリコール酸ピーリングのダウンタイム

ダウンタイム度:☆☆☆
症状:なし(敏感肌の方は赤みが出る場合があります)
期間:なし

一般的にケミカルピーリングと呼ばれているものです。
皮膚表皮の古い角質を溶かし、表皮細胞を活性化させ、肌のターンオーバーを正常にします。
ダウンタイムはありません。施術後のメイク、当日のシャワーも可能です。
ピーリング後はUVケアをしっかりと行いましょう。

ラクト(乳酸)ピーリングのダウンタイム

ダウンタイム度:☆☆★
症状:赤み
期間:数時間

ラクトピーリングは天然乳酸を主成分としたケミカルピーリングです。
刺激の少ない薬剤のため、ダウンタイムはほとんどありません。
肌表面の角質をはがすので、敏感肌のかたなどはやや赤みがでますが、ほとんど数時間後に赤みはなくなります。

ダイヤモンドピーリングのダウンタイム

ダウンタイム度:☆☆★
症状:赤み
期間:半日程度

ダイヤモンドピーリングとは、ダイヤモンドを使って角質ケアを行う施術です。
ダイヤモンドピーリングにダウンタイムはありません。
直後は肌が敏感になっていますが、翌日からは普通にメイクをして生活できます。

サルチル酸ピーリングのダウンタイム

ダウンタイム度:☆☆★
症状:赤み
期間:半日~1日程度

皮膚表面の古く汚れた角質や、毛穴に詰まった汚れを除去します。
施術時の痛み部分的に軽い痛みを感じることがあります。
ダウンタイムは半日~1日程度といわれています。
ピーリング後はUVケアをしっかりと行いましょう。

カーボンピールのダウンタイム

ダウンタイム度:☆★★
症状:赤み・色素沈着
期間:2~3日

カーボンピーリングとは、特殊なカーボンローションを毛穴に塗布してレーザーや光(IPL)照射することで、照射した光の熱がカーボンの色素に反応し、毛穴の奥の細胞に熱を与え、再生修復機能(創傷治癒)を促します。
ダウンタイムは2~3日程度あるといわれています。
施術直後は強い日焼けのような症状が出て、皮がむけます。
施術後は処方薬を所定の期間塗布する必要があります。
また、レーザーによる反応性の色素沈着が稀に起こる場合があります。

TACピーリングのダウンタイム

ダウンタイム度:★★★
症状:赤み・かさぶた
期間:2カ月~1年

TACピーリングはダウンタイムが長いといわれています。
2カ月~1年と、個人差がありますが、他の施術と比較してもダウンタイムが一番長いです。
塗布直後は、ピーリング部分の肌が白くなります。

そのあとは、赤みがかった肌の色になり、通常の皮膚の色状態へと戻っていき、かさぶたなどが出てきます。
このダウンタイムの期間は症状が強く出てくるので、マスクで顔を隠すなどしないといけないようです。
TACピーリングは強いピーリング成分が入っているので、肌へのダメージが大きく、かさぶたが剥がれるまで時間がかかり、かさぶたが剥がれた後の肌も赤みが残ったりと非常に不安定な状態になってしまいます。

自宅ケアのピーリング2選まとめ

ピーリング石鹸のダウンタイム

ダウンタイム度:☆☆☆
症状:なし
期間:なし

ピーリング石鹸でのダウンタイムは通常であればないと考えてよいでしょう。
敏感肌の方や極度の乾燥肌の方や炎症がすでにある方は赤みが出てしまうかもしれません。

しかし、クリニックでのピーリングに比べてピーリング石鹸のピーリング成分は低くなってしますし、毎日使用できるように保湿成分が多く入ったものもあります。
こういったピーリング石鹸をしようすれば、ダウンタイムもなく、毎日の洗顔でピーリングができるのです。

ピーリングジェルのダウンタイム

ダウンタイム度:☆☆☆
症状:なし
期間:なし

ピーリングジェルにもダウンタイムは通常はありません。
ただ、擦りすぎなどで肌を傷めてしまい赤みが出ることはあるかもしれません。
ピーリングジェルはどうしても肌をこすらなければならないので、肌との摩擦が刺激となってしまい、下限が難しいので、ご自宅でピーリングをするならばピーリング石鹸をおすすめします。

ダウンタイムも考慮するとピーリング石鹸がベスト

やっぱりおすすめはピーリング石鹸

クリニックの施術では、ダウンタイムのないピーリング施術もありますが、何回も通わなくてはならなかったりすると時間もお金もかかりますし、アフターケアも念入りに行わなければいけません。

相応の効果はありますが、もっと手軽に安全にピーリングすることができるのは、ピーリング石鹸です。
自宅でできるピーリング石鹸なら毎日の洗顔でピーリングができ、またダウンタイムもありません。

ピーリング施術をしているクリニックのドクターが開発したピーリング石鹸もあり、クリニック並みの効果をご自宅で実感できます。
ピーリングが初めての方や、クリニックでのピーリング施術のホームケアにお使い頂けます。
ピーリング後は保湿することが非常に大切ですので、保湿成分も入ったピーリング石鹸がおすすめです。

ピーリング石鹸を使ってダウンタイムのない、安全・安心なピーリングで、ツルツル美肌を手に入れましょう。